会話が上手になる!ずっと話していたい❤️と思われる女子の特徴とは?

「そんなつもりで言ったわけではないのに…」

コミュニケーションにギャップはつきものと言われますね。

相手から「また会いたい」と思われる人はギャップを感じさせない話し方の努力をしているものです。

「距離を近づけたい」と感じさせる女子の話し方の特徴をみてみましょう。

「伝わる」ためにわかりやすい言葉で話す

相手と話す時に一番重要なのは「伝わる」こと。

誰にでも分かりやすく噛み砕いて話すことがポイントです。

相手が「うん?」と疑問に感じる言葉や、難しい言葉ばかり使うのは避けましょう。

ジャーナリストの池上彰氏も、「小学生でも理解できる言葉で話さなければ伝わらない」と語っています。

空気感に気づくために相手軸で話す

自分軸ではなく相手軸で話すことを意識します。

相手は本当に理解しているのか、形だけうなづいているのかを判断できるからです。

その場の空気感に気づくと「言い方を変えてみよう」など、相手に受け入れやすくすることもできますね。

共感を得るためには、「言いたいことをぶつけるだけ」はNGです。

心地良くするために「間」を置く

「間」を置いて、相手も発言できるタイミングを作るのもポイント。

自分ペースに巻き込む話し方よりも、相手ペースに乗せてもらって話す方が、相手にとって心地良いからです。

特に、「間」で返ってきた言葉を褒めるのはチャーミングに見える発言。

褒められて嬉しくない人はいませんし、話しはどんどん盛り上がるでしょう。

会話を続けるために笑顔でうなづく

仕事や環境によってさまざまな人に出会う機会が増える20〜30代。

「会話が続くか心配…」など苦手意識を持っていると、せっかくのチャンスを逃してしまうもの。

そんな時は相手の話に対する反応を良くして、笑顔でうなづき返してみてください。

気の利いた言葉で返せなくても自然と気持ちは伝わります。

会話の盛り上げに貢献でき、距離を近づけることがきるでしょう。